<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 合宿お疲れさまでした! | main | 新木場合宿報告 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

名づけて「つねちゃんメソッド!」

昨日の夜は、トランペット隊のあさみと雲斎の音量UPのため超熱血指導をしてきました。
先週の板橋長時間稽古のとき、トランペット隊はすごく頑張って音量を上げようとしているのが伝わってきたんだけど、まだまだ全然音量が足りないというのも確かな事実。
ここは一発俺が何とかしたろうじゃん!って熱くなってしまったので、2人のために、たった1日で劇的に音を大きくしてやろうとの決意を固めちゃいました。
だいたい肺活量なんて、みんなそんなに大きな違いがあるわけじゃなく、腹筋の使い方と息の出し方のコツさえ掴めば音量なんて出るはずだからね。

たぶんそれで大丈夫だろうって方法も頭にあったし。
その方法ってのは、
‖腓めの風船を用意してマウスピース(サックスの場合はネック)の先につける。(ゆるい場合は指で押さえて吹き込む息が漏れないようにする)
∧⊆宛撞曚蚤腓く息を吸って、なるべくいつものアンブシュアのまま、腹筋に力を入れまくって、マウスピースから一気に息を吹き込む。
0貘で目一杯息を入れたら、マウスピースから口を離し、風船の空気を抜く。
ぃ渦鵤渦鶻亮造吠筋を使って息を入れていることを確認しながら、15分くらい続ける。
ド船をはずし、マウスピースだけで音を出してみる。
(このときに、既にいつもと違うことを実感できるはず!)
Τ擺錣鬚弔韻董音を出す。
(力入れないのに、大きな音が出る♪)
って、感じ。
昨日これやってみました。
あさみと雲斎の音は見違えるようにデカくなった。音にも張りが出て、力強くなった。二人も自分たちの出してる音に驚きつつ、本当にうれしそうな笑顔を見せてくれて、俺はものすごく嬉しかった。
(注、この方法やって効果ない〜っていう人いると思います。そういう人、よ〜く思い出してください。きっと十分な音量出てると思います。ちなみに今の俺も風船膨らませても音量変わりません。自分の持ってる能力引き出すきっかけみたいなものなので、既に自分の力に応じた音量が出てる人が、風船膨らませても、その力を超えた音量を出せるようになるものではないのです。)

大きな音を出せるようになったあさみと雲斎がクレッシェンドしていくロングトーンの練習をしていたころ、ヨーゾーさんがギター持ってスタジオに応援に来てくれました。
せっかくだから、音聴いてもらおうってことで、二人に吹いてもらうと、ヨーゾさん、その音量にかなり驚きながら、すごく喜んでくれた。
しばらく基礎練して、4人で何曲か演奏。これぞトランペットっていう音がバンバン聴こえてくる。気持ちいい〜♪って感じ。
(練習中、ヨーゾーさんがトランペット吹いてくれました。20数年ぶりと言ってたけど、さすがです。しっかりした音出てました。かなりリキ入っていたんで意識トリップしてどっか行っちゃうんじゃないかと多少心配になったけど…)

あさみと雲斎の新しい音、早くみんなに聴いてもらいたいので、週末が本当に待ち遠しいです。

ちなみに、俺昼間もサックス吹いてました。これがまたすごく楽しい練習ができたので、本当に充実した1日でした。

tsune-asax * Aebulay * 18:21 * comments(4) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 18:21 * - * -

コメント

つねちゃん本当にありがとうございました。
練習が終わった後なんだかうれしくて仕方がなかったです。
まだまだこれからなので、またよろしくお願いします!
Comment by 雲斎 @ 2006/05/04 10:18 PM
私にもつねちゃんメソッドを伝授してくだされ。
二人とも、音がすごく出ていて、びっくりしたよー。

土曜日はよろしくお願いします。
今日は腹筋を意識して、音だしをしました。

Comment by いなちゃん @ 2006/05/08 11:48 PM
オレにも伝授して!ギターで。
ってかあれ見てて、またトランペット
吹きたくなったくらい感動した。
Comment by YOZO @ 2006/05/12 12:05 AM
風船、試してみたら
低音がでるようになりましたー!!

低音がでるようになったら
吹くのがもっと楽しくなりました♪
ありがとうございました。
Comment by まゆち @ 2006/05/16 9:58 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ