<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

レッスンと自主練とBirdな土曜日

今日はサックスのレッスン日でした。先週は風邪で休んでしまったので、2週間ぶりです。あんまり練習してなかったせいか、スムーズに吹けず、指も結構間違えちゃいました。グループレッスンだけど、たまに1人ずつ吹くときがあって、そのときはまだかなり緊張してます。
レッスンの後は、カラオケボックスに行って練習してきました。
先週よりは上手くなっておきたいのでA列車を重点的に。何度も練習しているけど、この曲結構手ごわいです。
もう1曲は今度レッスンでやる予定の「酒とバラの日々」って曲。
元々は映画音楽だけど、ジャズのスタンダードになっていて、矢野沙織なんかもライブで吹いていて、僕も結構好きな曲です。こんなんをカッコよく吹けるようになりたいな〜って思うけど、まだまだ修行が足りないです。
帰宅後は、先週ボン太先生から借りた天才アルトサックス奏者チャーリー・パーカーの伝記映画のビデオ「Bird」を見ました。
これから見る人もいるので内容は詳しく書かないけど、ものスゴイ発見がありましたよ、このビデオ。
実は、このビデオ・・・
『番組途中のCMが古くて面白い!』
です。
すみません。これだけじゃ参考にならないと思うので、ちょっとだけ中身のこと書くと、麻薬とお酒でメチャメチャな人生、でも演奏はスゴイって感じです。
あと、有名人だけど、いろいろあって、やっぱり生きていくのって大変なんだな〜って思わせるところありました。
亡くなったのは今の僕の年齢と同じ34歳。でも検死した医者は、彼の推定年齢を65歳と言っていた。それだけ体がボロボロだったわけ。
僕の推定年齢はいくつになるんだろ〜か???
やはり体力的には実年齢よりおっさんなんだろうか?すごく不安です。
精神年齢だけはむやみに若いんだけど。。。


tsune-asax * Sax * 22:05 * comments(3) * trackbacks(0)

初練習&練習メニューについて

今日は仕事を定時に終えて、スタジオに行って今年の初練習をしてきました。
年末に練習してから少し時間空いちゃったので、念入りにロングトーンから始めました。
私の場合、だいたいいつもの練習メニューって決まっているので、参考に書いてみますね。
.蹈鵐哀函璽鵝淵ーバートーンも少し)  20分位
▲織鵐ングの練習            10分位
スケールの練習             20分位
少し(たくさん?)休憩
ぅ譽奪好鵑隆霑奪謄ストの練習      20分位
ゥ譽奪好鵑龍覆領習           20分位
自分の吹きたい曲の練習         10分位
だいたいこれで2時間です。こう書くと結構ハードかも。でも吹き始めると楽しくって、時間はすぐに過ぎちゃう感じです。
曲の練習のときは、ゆっくり再生できるCDプレーヤーを使ってます。通常の速度だと速過ぎてついていけないことが多いけど、これを使うと何とか曲に合わせて吹けるのでオススメです。
日曜日からいよいよ合宿ですね。
外はすごく寒いけど、みんな寒さに負けないで頑張ろうね♪
tsune-asax * Sax * 23:20 * comments(3) * trackbacks(0)

基礎練習について

既に管楽器やってる人にとっては当たり前のことになっちゃうけど、Aebulayに入って管楽器を始めたばかりっていうメンバーもいるので、少しでもそんなメンバーの参考になればいいかなと思って、楽器始めたころからずっと続けている基礎練習について書きますね。
まずは、ロングトーン。管楽器って音色がとっても大事ですよね。速いフレーズが吹けても、音色がいまいちだとカッコ良くないです。ロングトーンは、良い音色を作るための最も基本的な練習になります。私も日々修行してます。
やり方は、いくつかありますが、もっとも基本になるのは、ひとつの音を一定の音量でまっすぐ長く伸ばして吹くものです。気をつけることは、良い音のイメージを持って、音が揺れないように吹くことです。伸ばす長さは、最初はテンポ80〜90で8拍くらいかな。自分で出せる最低音から最高音までやるのがいいと思います。
もうひとつは、スケール(音階)の練習です。ドレミファソラシドですね。これを#や♭がいっぱい出てくるようないろんなパターン(12キー)で練習します。最初は本当にゆっくりゆっくり確実にです。慣れてくるとスムーズにできるようになって、実際に曲を吹くときも楽になります。
この他にも基礎練っていくつかあるけど、この2つの練習は、特にオススメです。今回楽器始めたメンバーでまだやってない人は、是非試してみて。
tsune-asax * Sax * 23:00 * comments(7) * trackbacks(0)

練習場所について

管楽器やってる人は、練習場所に困っている人も多いと思います。
私の場合は音楽スタジオかカラオケボックスで練習してます。
昨日書いたとおり、今日はスタジオで練習してきました。
多くのスタジオは、「個人練習」というのが可能で、料金は1時間500円〜700円くらいのところが多いです。部屋にはドラムセット、キーボード、録音機材などいろんな物が置いてあり、触ってみたい衝動にかられますが、壊しちゃいそうなので、じっと我慢して、譜面台だけ借りて、広い部屋なのに、なぜかいつも隅っこのほうで吹いてます。
元々音楽練習用にできているので、防音バッチリですし、とても快適に練習できます。
もう1つのカラオケボックスですが、こちらはあまり1人では行きません。土曜日のサックスレッスンの後、クラスの人たちと楽器を練習しようと言って、乗り込みます。お店の人には何も言われたことはないので楽器吹いても大丈夫みたいです。ですが、30分くらいすると、気づけば普通にカラオケ唄っているので、ここでの練習ではあまり上達してないかも・・・。
最後に川原練習ですが、これは音を遠くに飛ばすためには非常に良いみたいです。屋内と違い音が全然響かず、自分の出している音が小さく感じるので、自然と大きな音量で吹くようになり、自分も楽器も鍛えられるようです。しかし、自然の厳しさには勝てません。夏も冬もお手上げです。



tsune-asax * Sax * 22:14 * comments(2) * trackbacks(0)
このページの先頭へ